ABOUT FCV FESTA

FCV(Fuel Cell Vehicle)
水素を燃料として発電し、
電気でモーターを使って走る

燃料電池自動車のことで、
走行時のCO2の発生を抑え、
水のみを排出する環境に優しい車。

4月29日、横浜市庁舎
1F アトリウム、
北プラザで
開催されました

横浜市は、全国でいち早く「Zero Carbon Yokohama」を掲げ、2050年までの脱炭素化に向けて様々な取り組みを進めています。特に水素エネルギーについては、水素ステーション整備や燃料電池自動車の導入促進に取り組んでいるほか、国や事業者等との連携により、積極的に利活用を推進しています。
また、横浜市と神奈川県オールトヨタ販売店は令和2年12月にFCV普及啓発に向けた協定を締結しました。
その取り組みの⼀環として、FCVをもっと⾝近に感じて頂ける『FCV体感フェスタ』が、神奈川県オールトヨタ販売店他の皆様の協力のもと開催されました。
林文子横浜市長や横山正人横浜市会議長、神奈川県オールトヨタ販売店アンバサダーの釈由美子さんと丸りおなさんも参加、FCVを存分に見て!知って!体験して頂きました。

林文子

神奈川県横浜市長

略歴
1999年 ファーレン東京株式会社
(現フォルクスワーゲンジャパン販売株式会社)代表取締役社長
2003年 BMW東京株式会社 代表取締役社長
2008年 5月 日産自動車株式会社 執行役員
2008年 6月 東京日産自動車販売株式会社 代表取締役社長
2009年 8月 〜2021年 現在 横浜市長

丸りおな

女優(神奈川県オールトヨタ販売店
アンバサダー)

女優、タレント。神奈川県で生まれ、在住。アイドル活動を経て、舞台など女優として神奈川県のトヨタ販売店の取り組みのアンバサダーとしても活躍。 自動車普通免許だけなく、普通自動二輪、特殊小型船舶、ダイビングの免許を持ち、GRヤリスのモータースポーツ⼥⼦企画にも参加し、国内レーシングライセンスB級も取得したアクティブ女子。

01

オープニングセレモニーでは、林横浜市長や横浜市会の横山議長が2050年までの脱炭素化へ向けた様々な取り組みを紹介、また率先して公用車に次世代自動車を導入していることなどをお話しされました。
そして、神奈川県オールトヨタ販売店アンバサダーである釈さんは「新型MIRAIを体感してもらう機会を横浜市役所で頂けましたことを大変嬉しく思います。」と話して、壇上にある新型MIRAIをPRしました。

新しい形のFCVのMIRAIに期待

林市長は「車は生きていく上で大事なもの。人を運ぶだけでなく、五感を震わせて生きている喜びを感じさせてくれます。未来に向かって進む新型MIRAIは、FCVとしての新しい感動を私たちに与えてくれると思います。」と語られました。

一般公用車の普及率を100%に

横浜市会の横山議長が「横浜市は2030年度までに一般公用車におけるEV、PHV、FCV、HVの導入割合を100%とすることを目標としており、議長車を率先して二酸化炭素を排出しない車に切り替える決意をし、新型MIRAIを導入しました。」と力強くお話しされました。

新型MIRAIは究極のエコカー

釈さんは、新型MIRAIをPRする中でゼロエミッション、マイナスエミッションの機能を持っていることについて「CO2を排出せず、街の空気をきれいにする究極のエコカーなんですよね。」と、お話されました。

左から ※敬称略、 小嶋 務(株式会社タツノ 参与 水素事業部長)、平野 義孝(トヨタ自動車株式会社 国内営業部 神奈川県地域駐在員)、市川 英治(神奈川トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長)、林 文子(横浜市長)、釈 由美子(女優、神奈川県オールトヨタ販売店アンバサダー) 、横山 正人(横浜市会議長)、宮原 漢二(横浜トヨペット株式会社 代表取締役社長)、塩田 智夫(EN E O S株式会社 執行役員 水素事業推進部長)

02

とても静かでしなやか!加速が良い!ブレーキのフィーリングが良い!と走り出しからテンション高めの林市長。車の音に対しても強いこだわりがあるそうで、果たして新型MIRAIに乗った感想は如何に!?車は非日常的な空間をもらえる場所なので、五感を解放させていくとてもいい効果がある、と語ります。試乗中に何度も「楽しい!」「感動的!」と連呼され、総じて新型MIRAIを気に入って頂けたご様子でした。詳しくは動画をご覧ください。

出発前、新型MIRAIの前で

MIRAIへの試乗を本当にワクワクしている、と語った林市長。助手席に乗る釈さんと一緒に。

新型MIRAI体感できる
神奈川販売店こちら

03

”スイソユミコ”として水素社会の実現に向けて様々なイベントやPR動画へ出演している釈さん。この日はオープニングセレモニーの後、会場のFCVブースを回り、見て!知って!体験しました。

fuel cell bus 燃料電池バス(市営バス)

実際に横浜市内を走行している燃料電池バス(FCバス)に初めて乗車して、「横浜の街を一台でも多く走ればいいな」と話す釈さん。

Hydrogen dispenser 水素ディスペンサー

横浜市庁舎内に設置された精巧なデモ機器を体験して「水素ステーションにいかなくても疑似体験できちゃうのはすごい!」と話す釈さん。

ENEOS HYDROGEN STATION EN E O Sが展開する全国の
水素ステーションマップ

マップを見て水素ステーションの場所を確認し、「もっともっと増えていきますように」と話す釈さん。

Learn ABOUT fuel cells 【出張メガウェブ】燃料電池教室

酸素と水素で実際に電気をつくる体験や燃料電池ラジコンカーを走らせたり「息子にも体験させたい」と話す釈さん。

04

女優で神奈川県オールトヨタアンバサダーの丸りおなさんが展示してある各コーナーを突撃体験レポート。水素タンクが屋上にあって、床がフラットでびっくりしたり、燃料電池車教室では新型MIRAIと同じ仕組みのラジコンカーを走らせたり、各コーナーの担当者様に積極的に質問したりして存分にFCVを見て!知って!体験しました。

※撮影協力及び、お話を伺ったご担当者様

皆川 忍

神奈川トヨタ自動車株式会社
販売促進室

松田 徹

トヨタカローラ神奈川株式会社
営業推進部

元野木 卓

株式会社タツノ
水素事業部

荒木 大伸

横浜市交通局
自動車本部

佐々木 ひかり

MEGA WEB
コンサルティングスタッフ

新型MIRAI体感できる
神奈川販売店こちら